Top > Diary

不良出版社報


日記のページ



京都精華大学の卒展に行った話など

 昨日土曜日、相変わらずやるべきことをやらずに、しかもここ最近はろくに漫画も描かずに(『魔の周り』の一番新しい話が12月なので実に2ヶ月以上!)だらだらと無為に時間を過ごしていたら漫研の偉大なる先輩であるサム先生に精華大来ない? と言われたので行く〜〜〜ってなって行ってまいりました。

 京都精華大学というのは僕が住んでいるところよりも少し北のところ、岩倉からもう少しだけ先に進んだところにある木野という素朴でかわいい名前の土地にそびえる、漫画家を養成する学部のハシリとして有名な大学なのです。つまり、美大。これまで大変適当に漫画を描いてきた自分にとって、4年間、というか普通にそれ以前から真剣に絵や漫画と向き合ってきた同年代の人の作品と向き合うというのは、もっぱら自らのあらゆる至らなさ故のものではあるとはいえ大変気の進まない話であります。物理的には作品と向き合っているはずなのに、実質的には自分のこれまでやってきてこなかったことに対する後悔とか、今後もだらだらと絵を描いたり描かなかったりするんかなあという不安とか、そういう大学生らしいといえばらしい自意識と対峙するはめになってしまいます。(あ、そうそう、勿論漫画だけじゃなくて西洋画や日本画、造形、映像、グラフィックなどを幅広く取り揃えた総合的な美大で、しかも人文系の学術研究も行われているのですよ。すごいです)

 もともと今の大学に入ってから絵や漫画をまじめにやりはじめて、もう少し真剣になるにはさらに1年必要だった僕が少なくとも今の大学ではなく精華大のような美大を何らかの視野に入れることなどま〜〜〜〜さらっさらなかったわけで、別に今でも絵は趣味でやるのが一番よいと思っているのですが、趣味だから真剣にぶつからなくて良いというわけにもいかぬ。とりわけ最近の自分にはつねに「なにかをやり切る」という感触が信じられないほど薄く、全身全霊をぶつけた人々の作品なんか観てしまったら自分のあまりの不甲斐なさにぺしゃんこになってしまうんでないの? という気持ちさえありまして、そういうわけで若干の敬遠があったわけなのです。自分で打ってて逆恨みみたいな理由だなという趣が大変強くてなんというかアレですね……なんだか滅入るような話になってまいりましたが、ともかく今後が全部未定な僕はまあぺしゃんこになってもいいじゃないか、一度死んで生まれ変わってこい、ということできこきこと自転車を漕いて木野のキャンパスへと赴きました。

 ただ僕は決定的なことを忘れていたのでありまして、この大学にいる人々って単にこうストイックにモノへぶつかっていったんじゃなくて、多分楽しみながらやっていってたんですよね。だからなんというか、それぞれの卒業制作に、こう、強張りがないというか、非常にのびのびとした雰囲気が湛えられていたのでした。とりわけ今日も一人で再度訪れたのですが、今日はより一層制作者の方々の伸びやかな印象というものを感じ取ることが出来たような気がします。ここ、いわゆる普通の学術大学ではなかなか味わえないところではないでしょうか。まあ論文だしな。

 そういう視点で見てみると、確かに作品を作るときに、無理に身構えてしまうとなんだか妙に角ばったものが出来てしまった経験があり、逆に好きなものをゆっくりじっくりのんびり描いてきた漫画は今でも鑑賞に値するようなモノになったこともあるわけですね。そんでそうした作品の伸びやかさというのは、たぶんそれなりに客観的な印象にも影響を与えているのでしょうね。要するに僕の場合、前者の漫画はありえないほど売れなかったのですが、後者の作品はけっこうなブランクを挟んでの参加だったのですがわりかしよく売れた感触がありました。不思議なもので、楽しんで作られてないものってなぜかなんとなくそういう印象があったりします。

 なんかとりとめのない感じになってしまいましたがまあなにが言いたいかというと、もう大学生活もいよいよ佳境という趣がありますが(延びるかもね)ラストスパートとして自分のやりたいことには全力で楽しんでやりたいよね、みたいなな〜〜んかよくあるありきたりな教訓をゲットしたということですね。ありきたりなんだけど見失っていたわけで、頭でっかちになってしまうのも考えものであります。ただまあ美大に入り直すとかはまあないにせよいい加減独学で回り道するよりはある程度体系的な方向付けがあるとよいなという気持ちがつねにあるので、そこらへんを色々と考えていけばいいかなというふうに思っております。大学や専門だけが全てではないからね!

 そんな感じです。だいぶ得体の知れない恐怖が消えてきて戦える準備が整ってきた感じだ! やるわよ〜〜〜〜

RSS このエントリーをはてなブックマークに追加


実は一周年だった

ほんとです。

自分でも漠然と今頃だなあという感じで具体的な日付なんて一年経てば忘れちゃってたんですが、最初が几帳面な自分のことなので更新履歴にちゃんと記してありました。2月1日のことだったんすね〜。

どんくらいで飽きるかなと思って始めたんですが、ちょくちょくイベント出ていたので一応最低限月イチでの更新は出来ていたみたいですね。今年はイベント出れないのでどうなるのでしょうかしら。このブログも半放置状態ですわね〜〜。

まあリアルタイムの生存情報はTwitterに任せるとして、このサイトはツイッターで微妙に漁りにくい情報などを探すのにご利用下さい。そういうサイトなので。

ではまた。

RSS このエントリーをはてなブックマークに追加


関西コミティア54のおしらせ

予告通り無事関西コミティア54に出ます。席番A-47【不良出版社】です。お品書きは以下の通りです。
IMG_0041
時間がないので手書きです。これが終わったら色々忙しかったりオリンピックだったりでいつイベント出れるか全然わからないのでとりあえず家にある在庫全部持っていきます。いうても既刊はどっちも10部もないですけれども。出版は計画的に

ひとまずのイベント納めとしてバリバリ刺激を受けて来ようかと思っていますので、皆さま何卒宜しくお願い致します。

RSS このエントリーをはてなブックマークに追加


新年の挨拶

IMG_0031
2019年になりました。相変わらずスタートの遅いこのブログ(サイトも)ですがよろしくお願いします。
今年は色塗りの神になりたいです(毎年言ってる)。

RSS このエントリーをはてなブックマークに追加


年末の挨拶

早いもので(枕詞)今年もこんな日付になってしまいました。せっかく日記があるのに全然つけてないあたりがダメ人間感あって非常によくないのですが、まあ今こうやって定期的に思い出しているから一応大丈夫ということにしたいですね。

さて最近の近況をいくつか。


関西コミティア54に出ます

関西コミティア54、無事スペースいただきました。A-47【不良出版社】です。来年は多分多忙になっちゃって漫画とかインターネットとか言ってられなくなる予感が全開なのでひとまず今回でイベントはしばらく出られなくなりそうなのですが、全部消化してしまう感じで空間を満喫してこようかと思います。


iPad proを入手した

DvHOI0kVAAA42M_

ゲットしました。HAPPY。これで僕も絵の鬼になります。


とまあ今年も感情の正弦波がうねうねしながら年の瀬を迎えてしまったわけなんですけれども、まあ人間は日進月歩といいますのでそのうちなんとかなるのかなぁと結局めちゃくちゃ楽観視しています。悲観すると人生が無理無理になってしまうからね。

そんなわけで今年はもうあとコミケ行って実家帰るだけですね。無事年末を迎えられてよかったです。来年も皆様何卒宜しくお願いします。

では。

RSS このエントリーをはてなブックマークに追加