皆さんさらざんまい見ました!???

 勿論見ましたね? って別に僕も前から目つけてたとか幾原先生のファンだったとかではありませんが……たまたま勧められたので観た感じです。というかもともとアニメ観てなかったんですよ! 深夜に起きられないのと録画を毎回忘れるのとネット配信系のサービス入ってないのとでいろいろ見づらい環境なので…で、たまたま就活中にYoutubeでプリティーリズム・レインボーライブが全話無料配信になってたので全部見て、もうこれがすご〜〜い良かった。†可能性†を感じた、ということで今後もいろいろ観ていこっかな〜〜〜ってところにさらがきたわけですね。

 めちゃくちゃ好きな人物造形の子が出てきたりしていて普通のオタクとして鑑賞し、いろいろ叫びながらラスト2話はリアタイで観たりしました。面白かった〜〜〜!!! で話もすごいよかった。なんというか、後日談で成長してるアニメ好きなんですよね! フリクリの最後にナオ太くんが中学生になったシーンとかめちゃくちゃ好きだった。そういうところに「キャラクタ」ではなく「人」なんだな、という感覚を得ています。どちらかというと人の感情とかが好きなので、人としてのリアリティ(説得力?)みたいな描写がきちんとしているとうれしくなっちゃいますね。特にさらはPVやエンディングで実際の写真と合成してアニメーションを作っていたので、より「そこにいます!!!!」感が強くなっていた。おれも身長測りに行きてえ!!!

 オチは詳しくは話さないんですが、福満先生の僕の小規模な失敗を思い出したりしました。あれ、結婚していろいろ考えてるシーンで「おわり」のクレジットが出るんですけど、実際はあと3ページ結局うだうだと漫画を持ち込みダメになる日常が続きます。この「しかし人生は続く」というところが本当に良くて、普通に話を終わらせるんだったらどう考えても結婚してなんだかんだよかったな!!! でスパッとしちゃうところを、あえてその後結局ダルダルになってしまうところまで描く。ただそれは上げて落とすんではなくて、最後のコマで福満先生本人がすこし微笑んでるところの通り「でも、やっていく」感に満ち溢れてるんですよね。すごくないですか。いや凄いです。まあなんというかそういうところがありました。説得力の塊みたいなラストでボロボロ泣きました。僕の人生もまだまだ続きますし、あ、そうそう、やっと部誌の脱稿は終わりましたが大学の発表、資格、そして次の部誌…とまだまだやることがある。人生は続く!!!!!!!!!!