ごぶさたしてます。近況報告です。


◆エアコミティアとエア関西コミティア

 コミティアと関西コミティアはこんな世の中でなくなってしまいましたが、新刊も作ったことなのでBOOTHで通販をやりつつ本来の開催日にハッシュタグと共にTwitterで再掲する公式イベントがあったので、参加しました。本もわりと多くの人に渡ってくれたのと、本だけじゃなくて昔の漫画をアップしたら結構いろんな人に見てもらったりして嬉しかったです。今後イベントが直で出来るようになってもこういう機会があるといいな。新刊まだありますのでぜひぜひBOOTHで見てくださいね〜

◆次回のコミティア

 で、次回は漫画の本は出せそうにないですが東京関西両方のコミティアが、一応9月に開催予定とのことなので申込みをします。

comitia133

ktia59

 イラストが結構たまってるので折角だし本にしようかなと思います。苦肉の策のような気もするけど漫画がまた描けるようになってもこういう本作っていきたいですね。


 と言いつつ、もう今月はほとんど絵を描けていなくて、週末に泣きながらずっと寝てたみたいなこともあった。生きていくには金が必要で、金を得るためには原則働かないといけないのだけれど、かろうじて生きたところで大して楽しくないな、という気持ちが凄い。思えば中学のころから先のこと、先のことと言われて、目の前の楽しみを一通り無視してがんばって来たが、いまだにその見返りの楽しさはないみたいで、正直もうしんどい。どちらかといえば目先のことの方を大事にしたい。

 言葉を間違えると選民思想みたいなのであまり言うつもりはなかったけど、コミティアに出てると人生の代謝が早い気がする。まず3年働けと言われるけど、3年働いてる間にコミティアは12回開催される。その12回のうち、一体何回を取りこぼさないといけないのかと考えると恐ろしい。まして1年でも4回のコミティアが流れていく。

 社会の流れよりはコミティアの流れに取り残されたくない。

 だって、どんなに真面目にがんばったところで自分は世間にとって異常者でしかなくて、ずっとズレを抱えたままなので、それなら完全にズレてそんなこと気にならなくなるくらいまでになりたいのだ。

 そんな生き方をしても世の中甘くないって声もどこかから聞こえてくるが、今だって全然甘さを感じないぜ。

 金で取り戻せるものなんて全然なさそうだ。

 とにかく、秋口までに自分にとっていい報告が出来るように、まずは漫画以外の生き方のところを頑張りたいと思います。頑張るぞ